着物のクリーニングするときには

着物を洗う方法は色々と種類があります。
中でも着物のクリーニングは一番手軽な方法ではないかと思います。

着物のクリーニングは、文字通り着物をクリーニングしたい時に使われる言い方のほかに

着物の洗い方の種類をさす言い方でもあります。

着物のクリーニングは丸洗い・京洗いなどとも言われています。
着物の部分の汚れだけでなく、
着物全体の汚れが気になった時などによく利用される方法です。
特に当分は仕舞っておく場合や季節の変わり目などには
クリーニングなどで汚れを落としてから保管することをおすすめします。

着物のクリーニングは、洗い張りのように着物を反物の状態にして水洗いをするのではなく、
着物を解かずに仕立てた状態のままで洗う方法です。
絹を使っている着物はそのままで水で洗ってしまうと縮みがでます。
着物のクリーニングを行う時には縮んでしまわないように
特殊な溶剤で全体的に洗います。
着物のドライクリーニングといったとこですね。

着物のクリーニング(丸洗い)の一般的な工程は
1、下洗いで汚れのつきやすい部分の汚れを落としておく
2、特殊な溶剤で着物を洗う
3、着物を陰干しなど自然乾燥をする
4、蒸気でシワなく仕上げる
このような工程で着物をクリーニングしています。

洗い張りより手軽に行える印象なのですが、
じつは、この着物のクリーニングには水を使って洗わないので
食事での汚れや雨・水分でついた汚れ・汗などの水溶性の汚れがおちないという弱点もあります。
ですから、着物のクリーニングを利用する時には
しみ抜きなども一緒にお願いすることが一般的です。

着物をクリーニングする時には呉服店や専門店にお願いしますが
近所にみあたらない方もいると思います。

弊社で購入いただきました着物ドレスのクリーニングについては
クリーニングを承りますのでご安心ください。

                                                            
               着物ドレス人気Ranking                                                                                                                                                                                                               
人気No.1 スレンダー スレンダー
人気No.2 ショートドレス ショート
人気No.3 マーメイド マーメイド
           
            

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です